妊娠中にしてもいいこと悪いこと

妊娠中は激しい運動は無理ですが

私が妊娠中に毎日行っていたことは、30分〜1時間の散歩です。まず妊娠がわかり、初期のころはつわりもあったので、あまり食欲もなく運動もできるだけ控えていました。しかし、中期・後期になってくると食欲が増進し、それに比例して、体重もぐんぐん増加傾向にありました。

 

そこで、激しい運動は無理ですが、気分転換もかねて散歩をすることにしました。会社に通っていたので、夕食後に軽く30分ほど近所を散歩していました。会社を辞めた後は、昼間に1時間ほどしていました。ただ近所を歩くだけでは飽きるので、隣の駅まで歩いて買い物して帰ってきたり、繁華街でウィンドウショッピングを兼ねて散歩したりをしていました。

 

休みの日は、たまに主人に付き合ってもらい、少し遠くまで一緒に歩いてもらったりもしました。毎日歩いていたこともあり、体力もついたし体重も増えすぎることはなかったので、もし次に子供を授かった時にも妊娠中にはなるべく歩きたいなと思っています。

和食中心の生活に切り替えました

妊娠が発覚する前までは、旦那も私も高カロリーな食事が大好きで、作る料理も高カロリーなハンバーグ、揚げ物、オムライスなどの洋食が多く、最近ブームのこってりなラーメンも頻繁に食べに行っていました。しかし妊娠がわかってからは、便秘がちになったり助産婦さんの助言などもあり、葉酸サプリを飲んだり、あと飲み物はノンカフェイン、そしてご飯は和食中心の食生活に切り替えることにしました。葉酸はあまり聞いた事ないかもしれませんが絶対に摂取しておいたほうがいいです。

 

肉じゃが、ひじきの煮物、焼き魚、冷奴などといったように、おばあちゃんが食べそうなものを食べるようになってから体質が変わったのか、揚げ物が重いと感じるようになり、以前とはうってかわって食べられなくなりました。おいしそうとは思うのですが、いざ食べてみると胃がもたれて気持ちが悪くなります。以前の私には考えられない事でしたが、でも体にとってはいいことだと思います。

 

自分の体だけでなく、産まれてくる赤ちゃんの事も考えなくてはいけませんからね。旦那も同じような食事をしていたら、少し体重が落ちました。和食や粗食が体にいいと聞きますが、本当なんだなぁと改めて実感しました。

妊娠中に虫歯で悩む

おめでとうございます。現在、妊娠2ヶ月です。お医者さんから告げれらた言葉。あまりの嬉しさに涙がこぼれました。すぐここにある小さな命は待ち望んだ我が子の命だ。そんな想いで、お腹に手を当てゆっくり何度もなでていた自分がいました。冒頭からいきなり妊娠発覚の回想シーンを書いてしまってすみません。あの時の出来事や気持ちを鮮明に覚えていてついつい思い出に浸ってしまいました。

 

妊娠発覚の喜びと感動に浸りながら病院の先生の話を聞いていました。すると、妊娠中は、つわりや虫歯や歯周病になる事があるらしいんです。先生曰く、しっかりとした歯磨きとは朝、昼、晩ご飯を食べた後に歯みがきをし、歯1本1本をゆっくり丁寧に磨く事を心がけるのだとか。

 

実はホルモンバランスなどによって妊娠してから虫歯で悩む人って結構多くて、健診の時によく受ける相談事の一つなんだそうです。それを聞いて私は直ぐ様歯医者に直行し、以前からあった虫歯の治療をしてもらいました。これから子作りを考えている人はまず先に歯医者に行って虫歯がないかどうか診てもらう事をオススメします。